縮毛矯正が上手い美容師さんの特徴は○○だった?? - keiya kashiwagi official

縮毛矯正が上手い美容師さんの特徴は○○だった??

こんにちはgo today SHAiRE salon にて美容師しているKASHIです!
 
 
  • 主に髪を綺麗にする”美髪クリエイターとして美容師をしています。
  • 独自の地毛風ストレート(縮毛矯正)
  • 髪質をケアしながらカラーする髪質改善カラー
  • 2ヶ月も扱いやすいようなカット技法
  • ダメージレスなケアカラーを得意としています。
  • 今日は僕が独自でやっている地毛風ストレート(縮毛矯正)についてお話したいと思います!ここから先は本気で髪を綺麗にしていきたい方だけお読み下さい

ネット予約をする

まず縮毛矯正というと皆さんはどんなイメージを持っていますか?

 

昔のピーンとした不自然なストレートをイメージする方も少なからずまだいるのではないかと思います!
 
しかし現状は変わっています!
薬も進化し色んな髪に対応できるお薬も増えてきました。
 

ではなぜ縮毛矯正の失敗がいまだにおおいのか?また失敗されたという方もいるのではないでしょうか?

 
 
なぜこのような事がおきてしまうかというと縮毛矯正は美容師の技術の中でも断トツで難しい技術だからです!
 
またヘアカラーが主体となっている今、縮毛矯正をかける人は少ないです。
よって経験不足や技術のムラが出やすいです!
 
なので縮毛矯正やカラーカットで失敗を避けたい場合は美容室選び美容師選びがとても重要になります!
 
美容室選びについてはまた後でお話しますね!
  •  
 
 
 
————————————————
 

縮毛矯正の失敗が目立つ中でなぜ僕がやっている縮毛矯正(地毛風ストレート)は髪が綺麗になるのか?

 
その理由としては他の美容師さんより経験が豊富だからです。
 
また薬剤も自分が気になったものは直接
メーカーさんから仕入れてウィッグでの実験 モデルさんに協力してもらい研究を重ねてきたからです!
 
その結果 どんな髪質の方でも綺麗に出来るようになりました!
 
僕がやっている縮毛矯正は自然にかかる事から地毛風ストレートというメニュー名で記載しています!
 
縮毛矯正は1剤(最初につける薬で)
8割仕上がりが決まります!
ここの薬剤選択を誤ると髪がチリチリになったり過度にダメージをしてしまいます!
 
なので僕はこの1剤の”薬剤調合”にこだわっています!
 
  • では実際に僕のお客様で地毛風ストレートした方はどんな感じに?
 
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3845.JPG
こちらのお客様はロングからボブにしたらクセが強く出るようになったので
おさまりを良くしたいとの事でした!
 
白髪染を1ヶ月に1回されているのでカラーによるダメージがあります!
 
なのでクセが強いからと強い薬だけで対応してしまうと一瞬でチリチリになります!
 
なのでしっかりクセを伸ばす薬としなやかに仕上がる薬を調合して自然に仕上がるようにしました。
 
 
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3846.JPG
 
こちらのお客様はクセはあまり強くなく縮毛矯正をかける程ではないですが
髪にツヤを出したいとの事です。
 
 
カラーも2ヶ月に1回されているのと
髪の毛が細いのでダメージがしやすいです。
 
よってアルカリが入っているお薬でかけてしまうと手触りが悪くなります。
 
ですので酸性系のお薬でアプローチしました。
 
 
  • ここで質問

アルカリって何ですか

アルカリとは縮毛矯正やカラー パーマ等に入っているものです!
 
髪の毛の元々の状態は弱酸性なので
アルカリ剤でキューティクルを広げることによりそこに薬が浸透し色味が出たり
パーマによって髪をカールさせたりする事ができます。
 
アルカリ剤で無理やりキューティクルを広げているのでカラーやパーマでも負担がかかります。
 
—————————————————
続いて
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3567.JPG
 
こちらのお客様は毛先にブリーチが残っているのとハイライトを入れていてブリーチによるダメージがあります。
 
またクセも捻転毛といいねじれるクセです。
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3574.JPG
 
ブリーチによるアルカリダメージが大きいのでアルカリの薬は必要ありません、
 
よって髪の毛の状態に近い酸性系のお薬でアプローチしました。
するとここまで綺麗にかかります。
 
酸性系の縮毛矯正というとダメージがないと思われる方もいますがダメージがないわけではないです。
 
少なからず薬剤をつけている時点でダメージはあります。
 
なのでカラーでも縮毛でもパーマでもいかに負担を少なくするかが大切です。
 
また縮毛矯正はクセが強いからと言って強い薬でかけると変に根元がつぶれてしまったりダメージしてしまったりする事が多いです。
 
なのでその髪質 ダメージレベル クセの種類によって薬剤調合する事が大切です。
 
そこの選択が上手いと自然な地毛風なストレートになるのです。
 
また最近では酸熱トリートメントといったトリートメントでクセを伸ばすという施術がブームではありますが髪質により向き不向きがあります。

ブリーチをしている人縮毛矯正はかけられるのか?

それはまた別の日に詳しくアップしますね!
 
最後に美容室の選び方のポイントについてお話しますね、

 

 

美容室 美容師選びのポイント

 
皆さんはどのように美容室 美容師さんを選んでいますか?
 
  • とりあえず安ければよい
  • 今日いければどこでも
  • ホットペッパーでなんとなく
  • 紹介
 
美容室を選ぶ基準は人によって違うと思うしどの美容室を選ぶのも人の自由です!
 
ここで注意してもらいたいのが
安ければよい”価格で選んでいる場合は
注意が必要です!
 
 

ではなぜ美容室によって値段が違うのか?考えた事はありますか?

 
プライスが低いところの美容室の特徴
  • お得に受けられる
  • 予約を取りやすい
  • 薬剤が少ない 
 
プライスが低めの美容室の場合
数をこなさなければいけなくなるので
同時刻に2人3人と掛け持ちする事が多いです。よって技術ムラが出やすいです。
 
また薬剤の種類も少ないので対応できる髪質 対応できない髪質があります。
また単価が低いので必要のないトリートメントを勧められたり、ダメージの関係で縮毛矯正をお断りしてもいい部分を無理やりかけてチリチリになったり…
というケースも良くききます。
 
 
プライスが高いところの特徴
  • 薬剤が豊富
  • カウンセリングが丁寧
 
プライスが高い美容室はその分取扱カラーや材料にこだわっているお店が多いのと種類が多いので対応できる幅が変わってきます!
 
またカウンセリングにも時間をかけてくれるところが多いです!
 
 
特徴を書きましたが あくまでも個人の見解です!プライスが低いところでも丁寧でやってくれるところもありますし、
逆にプライスが高いところでも
待たされたりするところもあります。
 
 
また美容室で選ぶのも
良いですが、
最近は美容室のブランドより人で選ぶ人が増えてきました。
 
なので自分の悩みに合わせてネットで調べてみたり、insta等で検索してみるのもオススメです、
 
ここまで読んでいただきありがとうございます!
 
 
今日は縮毛矯正 美容室選びのポイントをお話させて頂きました随時またアップしますね!
 
 
またヘアの悩みも下記のラインからご相談を”無料”で乗っているので気軽にどうぞ!
 

ネット予約をする

 

 

 
 
 

4 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です